自分に合うかかりつけ医の見つけ方と見極めポイント

どうやって決めると失敗しない?自分に合うかかりつけ医の選び方

>

要注意!かかりつけ医は自分の直感も大事?

かかりつけ医選びは慎重に!

近所にある病院を「かかりつけ医」に決める人も多く、理由は殆どの人が通いやすいからです。
自宅近くにあれば急な病気でも、徒歩で行けるので助かります。

ただ「かかりつけ医」選びは慎重に決めることも大切です。
もし、自宅近くで便利だけど病気の説明がわかりづらいなど、少しでも不信感があるならば、自宅から離れていても、違う病院をかかりつけ医に決めるほうが、ずっとメリットがあります。

実際に診察してみないと、その医師が良いのか、悪いのかの判断はつきませんが、自宅近くだからという理由だけで「かかりつけ医」に決めるのだけは注意しましょう。

患者の話をきちんと聞いてくれて、適当な診察はせずに、患者が病気について理解できているのか確認してくれる医師がベストです。

勿論、医師も人間なので完璧な人はいませんが、患者として向き合ったとき、この医師なら大丈夫、信頼できると思えるのかしっかり見極めましょう。

かかりつけ医と診療科は別がいい?

かかりつけ医を決めるとき、医師との相性が大事というのはよくわかりますが、将来的なことを見通して決める考え方があります。

最近は、在宅医療や訪問医療をやっている病院もあり、お年寄りが今現在いないご家庭でも、自分の親の介護、もしくは自分自身が利用することになったとき病院を変えることなく、同じ医師に診てもらえます。

また、歯科医や皮膚科、生活習慣病など、定期的に診察が必要な病気の場合はかかりつけ医がいた方が、効率よく治療をおこなうことができます。

体調が悪いときは思考があまり働かなくなるので、頭にフッとでてくる病院があると助かります。
内科や外科は頻繁に利用するので、かかりつけ医を見つけておきましょう。

自分の体のどこが悪いのか、まずはよく調べてから専門の診療科に相談。
かかりつけ医は頼りになる存在ですが、自分で他の病院に診てもらいたいなと感じた時は気にせず他の病院を頼っても大丈夫です。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる